スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012.3.11 - Cely -

3.11

去年の同日はライフラインが断たれ、ろうそくの明かりで夜を過ごし、
全ての出来事を知ったのは電力が回復した翌日の20時であった。

秋田県湯沢市に住む僕たちも、
物資や燃料が尽きていくのを日に日に感じ取り、
自己中心的な風潮が蔓延し精神が疲弊していくという
人の尊厳が危ぶまれそうな事態を視た。

一方で、とにかく直接的な支援=隣県を救いにいく、
人道的な活動があちこちで起こっていた。

一年の時を経て、全ての人がふたたび、
自問自答を繰り返しているように思う。
いまだから何ができ、何をすべきか。




2012.3.11

僕は東京でその時を過ごしていた。
外国人との商談会のために東京出張に行っていたのだ。

僕がこれからできること。
敢えて、おおきな、おおきな目標を掲げると、
社会全体のベースアップを目指すことだと思う。

いまの日本では、もはや自分の利益の追求だけをしても、
仕方がないんじゃないか、と思う。
この国に、東北に、この街に、基本的な生活基盤がなければ意味がない。
たとえお金があっても、心に余裕のない
疲弊した自己中心的な風潮の中で生きていくことは、二度とごめんだ。

外貨を稼ぎ、他にルートをつくること。
僕は外国への足がかりをいま体力があるうちにつくるベきだと思う。
そのノウハウは仲間や同業者の団体と共有していいと思うし、
それをして、国民や国が団結し、活路を見出していかなければならない。
官民一体で臨まなければならない。

震災関連の記事は未だに深く胸に突き刺さる。
でも、もう、事を起こさなければいけない。
勇気ある企業活動が、日本の未来に繋がると信じているから。





勇気とは、恐れに抵抗すること、打ち勝つことであって、恐れがないことではない。
_マーク・トウェイン


Cely

スポンサーサイト

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • 00:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

COMMENT
LEAVE A COMMENT








   
TRACKBACK URL
TRACKBACK

SEARCH THIS SITE.

PROFILE

MEMBER'S POSTS

MEMBER'S LINKS

RECENT POSTS

ARCHIVES

RECENT COMMENT

OTHERS

MOBILE

qrcode

SPONSORED LINK


COPYRIGHT (C) 2011 woaky All Rights Reserved.