スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

半年分 - nacca -

Twitterに記録していた映画の鑑賞履歴(約半年分)をリストアップしてみた。 
(こういうマメマメしさは、部屋の壁に自作の麻雀の点数表を貼っていた祖父に似たのだと思う。)
 以下、中でも良かった5本。

 
- ヒーローショー -


 
- 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を -


    
- さんかく -


 
- 愛のむきだし -


 
- グラントリノ - 



 以下、全リスト

------------------------------------------------------------
「悪人」
なんというイカ演出。この映画化は割とアリだな。

「カーズ2」
背景が実写にしか見えないんだが、、

「Super 8」
思っていたよりもB級映画的な要素が濃いのが意外だった。
ラストは少し泣きそうになる。個人的にはもうちょっとグーニーズ感が強いと嬉しかった。
特に「データ」的なガジェト感。

「戦国自衛隊」
想像してた以上の無茶苦茶さ。

「ヒーローショー」
圧倒的暴力描写で胸がえぐられる様な気持ちになった。
とても怖い作品だけれどと、この作品が持つエネルギーにぐいぐい引き込まれる。
本当に面白かった。

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」
このむさ苦しさが、蒸し暑いこの時期に最高。
ゴミ塊コロコロの銃撃シーンは夢に出てきそうな程のインパクト。

「ドラゴンキングダム」
カンフーパンダの勝ち。終盤は無茶苦茶でよかった。

「フローズン・リバー」
重たい設定で凄く嫌〜な気持ちにさせときながら、ラストのしっかりとした着地で、救われた気分になる。
いい映画。生活感の描写の素晴らしさは、ザ・ノンフィクションをみているような気分。

「デトロイト・メタル・シティ」
松ケン頑張ったな。予想してたよりも笑っちゃった。
ただ、これはデスメタルではないらしい。(有識者談)

「その土曜日、7時58分」
いい!脚本が秀逸。バカ兄弟に何度もクスッとさせられる。84歳でこのセンスって、凄いな。

「チェイサー」
面白い。物語がどう展開するのか、何が怖いのか、作品の軸が読めず意外性に富んでいるので、どんどん引っ張り込まれる。
終盤は感情を揺さぶられた。

「ブロークン・イングリッシュ」
序盤は何となく好きになれそうな雰囲気が漂っていたものの、途中からは主人公と周囲の言動、話の展開にうんざり。。

「カンフーパンダ」
決戦シーンをはじめとして納得いかない部分が色々とあるけれど、総じて大好き。
男子ならみんな好きだろコレ。

「ソーシャル・ネットワーク」
こんなにいや〜な気持ちにさせられるとは思わなんだ(いい意味で)。
現在進行形の実話をよくここまで面白い作品として仕上げたもんだ。
スピード感が凄まじいので、常に集中していないと置いてかれる。
それにしてもDVD化が早いなぁ。

「板尾創路の脱獄王」
イマイチ入り込めずに退屈してしまった。

「戦場でワルツを」
アニメでこの緊迫感は凄い。レバノン内戦に関して知識が無さ過ぎるので、今からWikipediaで調べなきゃ。

「シュアリーサムデイ」
このノリはキツい…

「インビクタス」
勝手に高揚感を期待してみた結果、何となく肩透かしな印象。そういう作品ではないみたい。

「SOMEWHERE」
ピリッとした場面はいくつかあったけれど、ガツーンというとこが一つも無い。
「ココだけは文句なしに良かった!」みたいな要素があれば消化できたのに。
PHOENIXの「デーン、デーン、デーン」はズルいな。

「マイレージ・マイライフ」
色々な意味で自分にはピンと来ない点が多かった。読解力不足か?

「20世紀少年」
ぼんやりと観ていると、カネナニ(お金って何?)という疑問で頭が混乱する(製作費60億円)。

「さんかく」
これはよい!みんなが高岡蒼甫を好きな理由がわかった。投石笑った。

「南極料理人」
ウマそう度は「かもめ食堂」以上。肉を焼くシーンやエビフライのシーンが楽しい。ただBGMがなんだか、、

「17歳の肖像」
ただただ、ぼんやりと観てしまった。主演の女のコは可愛い。昔の小嶺麗奈みたいだ。

「ドロップ」
全体的に幼稚な感じが…。前半が中学生というのに気付いた瞬間の衝撃たるや。

「パレード」
終盤の藤原竜也劇場で笑いをこらえきれなかった。。この手のお話は小説の方がいいな。

「ハゲタカ」
テレビ的な濃厚演出に、2時間耐えられない。というわけで途中で寝た。

「ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」
いいテンション!スナップ写真のアイデアに脱帽。

「愛のむきだし」
怖いし、笑えるし、エロいし、凄く楽しい映画。ただ4時間はさすがに長いなぁ。エネルギが強力すぎて、ヘロヘロになる。

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」
最近観た邦画の中ではダントツに良かった。終盤の30分間は、うーん、だけど。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
これはキツい。ギブアップ。

「フィッシュストーリー」
多部ちゃん可愛いなぁ。

「グッドフェローズ」
セリフ回しが最高。やはり金字塔ですな。

「JUNO」
こういう題材をこんなにライトに表現しちゃう事に違和感を感じる。この軽さがうけたんだろうけど。

「シークレットサンシャイン」
田舎や宗教のダークサイド、主人公の救われなさ等が細かい演出で上手く表現されてる。
何度も観たくはないけど、強烈な作品。

「夜のピクニック」
多部ちゃん可愛いなぁ。

「息もできない」
韓国映画特有のズシーンとした空気が味わえる。

「SR サイタマノラッパー」
エンドロールのトラックにグッときた。

「許されざるもの」
たっぷり寝ちゃった。

「グラントリノ」
最高。タカタンっ、っていうBGMがたまらん。

「リミッツオブコントロール」
ジャームッシュ最新作は実験的すぎてついていけない。

「第9地区」
たっぷりとシャレが効いていてよい。

「チェブラーシカ」
A介を連れて観に行ったが、寝やがった。1800円も払ったのに。

「ノルウェイの森」
突っ込みたい個所が250コはあったけれども、総じていい作品だと思う。
「青森行ったことある?」「ないよ」がベストカット。
キウリ食べて欲しかった。そしてラスト間際のレイコさんの感じは不満。



nacca 

スポンサーサイト

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • 08:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

COMMENT
LEAVE A COMMENT








   
TRACKBACK URL
TRACKBACK

SEARCH THIS SITE.

PROFILE

MEMBER'S POSTS

MEMBER'S LINKS

RECENT POSTS

ARCHIVES

RECENT COMMENT

OTHERS

MOBILE

qrcode

SPONSORED LINK


COPYRIGHT (C) 2011 woaky All Rights Reserved.