スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUSTICE_vol.3 - Cely -





信じがたいようなことが起きて、
それが事実なのだと知ってから、
ぼくらは、なにをどうすればいいのか、
すっかりわからなくなっていました。
わかること、たしかなことを、ひとつずつ数えて、
なにができるのか、どうしたらいいのか、
それについて考えました。


1 ぼくらは「たいしたことないもの」です。

まず、前提として、
ぼくらは「たいしたことないもの」だということです。
じぶんたちの力を過信して、
あれもできるこれもしたいと言うことはしません。
「ほぼ日」ならやってくれそうだ、
と期待されていることは、ありがたいのですが、
ぼくらは「たいしたことないもの」です。
その「たいしたことないもの」でもできることを、
考えるべきだと思いました。


2 こころのことは、別にしました。

愛であるとか、尊いお気持ちであるとか、
それはそれは大切なものだと思います。
でもいまは、見えるもの、食えるもの、あたたかいもの、
いのちの助けになるもの‥‥とても具体的なものが、
必要な時期だと考えました。
愛ややさしさは、そのままご自分の胸のなかに、
大事に保管しておいてください。
大きく育てておいて、いずれ使ってください。
いま、ぼくらは具体的な力を集めます。


3 かっこいいアイディアは、ありません。

奇手奇策、胸の空くようなアイディア、
みごとな表現、さすがと言われるような方法。
そういうものは、ないです。
「実効」のあることを、とだけ考えました。

「たいしたことないもの」たちですが、
確実にできることがあったら、この臨時ページも、
少しずつ広がっていくかもしれません。
いまは、以下のような内容だけお届けしています。
読んでいただけて、被災された方々の
少しでもお役に立てたら幸いです。

2011年3月14日 糸井重里














僕が幼い頃に見た宮崎駿さんのPVやナウシカに表現した皮肉な世界観が、
もはや皮肉ではなくなってしまった。
そして恥ずかしながら、震災から一ヶ月以上たち、糸井さんの文章を知った。

目に見えない思い遣り、日本人特有の慎ましさ。
このような状況下で言葉にするのは本当に難しいが、
人に表現すること、伝えること。
実際にはこういうことなのだと思った。

そしてこの国では、多くの方がそれを巧みに実践している。
私たちはよくよく、理解をしている。僕はそう確信している。


Cely

スポンサーサイト

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • 00:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

COMMENT
LEAVE A COMMENT








   
TRACKBACK URL
TRACKBACK

SEARCH THIS SITE.

PROFILE

MEMBER'S POSTS

MEMBER'S LINKS

RECENT POSTS

ARCHIVES

RECENT COMMENT

OTHERS

MOBILE

qrcode

SPONSORED LINK


COPYRIGHT (C) 2011 woaky All Rights Reserved.