スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今年の5枚 2011 -minovsky-

去年同様、おっさん風乾杯を繰り返していたら、今年もあと3日です。

様々な出来事を通し、今まで以上に「オレナニ」を感じた1年だったように思いますが、
ランニングしながら逃避したり、どっぷり浸かってみると、
意外と大したことじゃないような気になるから不思議です。

そのランニングは、今年から始めましたが、あと10数キロで目標の1000km。
早く達成して乾杯したいと思います。


てことで今年の5枚。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■Raven In The Grave / Raveonetts





我らが胸キュンバンド、Raveonettsの6枚目のアルバム。
今作は1曲目のイントロだけで、店じまいレベル。
taigaくん、尺Tシャツありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■Delicacies / Simian Mobile Disco





世界の美食をタイトルにしたEPシリーズを1枚にコンパイルしたSMDの3rd。
ストイックすぎるほどのサウンドがRunningのBGMにベストマッチ。
生で観たいぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■Summer Herat / Blackbird Blackbird





今年の前半はこの手のサウンドを良く聴いたけど、
その中でも一番良かったのがこの1枚。
春先のソワ感との相性も非常に良かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■In The Grace Of Your Love / Rapture





先行で公開されたこのPVを観て、本作への期待値が非常に高まり、
結果、大満足の1枚。
やっぱりRaptureはこうでないとな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■JPN / Perfume





Radioheadとどちらにするか迷ったけど、再生回数でこちらに軍配。
最近のRunningはこればかり聴いてしまい、それでもって非常に捗る。
レーザービームが頭の中でループする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それではみなさん、良いお年を。
 

minovsky

思い出枠 - minovsky -

クローゼットを整理していたら、見慣れないTシャツが出てきた。

袖口には「magic numbers」と書いてある。

記憶のフィルムを巻き戻してみると、
数年前、まだ東京在住のときにfranzferdinandの武道館公演で
買ったTシャツであることを思い出す。

確か会社帰りのスーツ姿がライブには煩わしく、

その場しのぎと思い、急いでTシャツを購入したのだが
よくよく見たら、対バンのTシャツだったという訳だ。

バンドTといえば、大学生時代に狂ったように集めたものだ。
今にして思えば信じられないことだが、
終演後の物販の列に並ぶのがおっくうで、
ライブ途中で物販ブースに向かったこともあった。
(今はわからないけど、当時の物販はライブ中の販売はなく、
ライブ終了と同時に販売を再開していた。)

おそらく100枚近くあったであろう、そのTシャツは
麻疹時の大活躍を経て、今は実家でRIPのはずである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなふうに、バンドTについて言及したのは、
「AIRJAMが今年9月に復活」
という知人のツイートを目にしたからである。

僕のバンドTのほとんどがいわゆる「AIRJAM世代」のものである。
(というかほとんどBDBだけど)
今ではこの辺の楽曲はほとんど聴くことがなくなったけど、
非常に気になるイベント。

AIRJAM2000の頃はまだ20歳。

・まさかのチケット難民化で数時間の長蛇の列(並び○習得)
・BRAHMANでの暴動事件
・ドリンクでも長蛇の列、友人分のドリンク購入もあまりののどの渇きに一人で完飲
・鉄アレイの違和感

ちょっと思い出しただけでもいろいろこみ上げてくるものがある。
さすがに当時さながらTシャツ+短パン姿でMUR
(Mosh Under the Rinbow)は無理だけど、はっきり言って行きたい。

おそらく30歳前後の世代は、今の僕と同じ気持ちを抱いているはずである。
9月の横浜スタジアムがどんな空気になるか見てみたい。





minovsky

今年の5枚 2010 - minovsky -

年末です。

ここ一ヶ月ほど、仲間内では乾杯の度におっさんよろしく
「乾杯」(野太い声で)→「拍手」
を繰り返すというジャンクな行為が流行し、年末感を盛り上げています。

昨年同様、年末年始は仕事。
のんびりできるのはもう少し先になりそうです。

てことで今年の5枚

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■Congratulations / MGMT



1stのサイケ調は陰を潜め、良い意味で裏切られた感のある本作。
FUJIでのパフォーマンスは非常にがっかりさせられたものだったが、
普段、音源を聴く分には大満足の1枚で、再生回数は堂々の1位(みのiTunes調べ)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■There Is Love In You / Four Tet



ジャケットのアートワークに魅かれ、手にしたfour tet
M1-Angel Ehoesを聴いた途端、独特の世界観にうっとり。
今年のソワソワ枠。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■Penny Sparkle / Blonde Redhead



前作「23」より、聴くようになった、Blonde Redhed
ここ数年はこの手のドリームポップやポストロックがお気に入り。
前作の1曲目のようなキラーチューンはないものの、アルバムを通して、
ストレスなく聴ける安定した1枚。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■My Beautiful Dark Twisted Fantasy / Kanye West



キングクリムゾンは伊達じゃない。
M3-Powerをはじめ、良曲ずらりの本作。
このジャンルに疎い自分にも非常に耳触りのよい、ポップミュージック。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■XX / The XX



昨年末リリースのため今年でカウント。
FUJI出演をきっかけに良く聴いた1枚。
Portisheadにも通じるヒンヤリとしたグルーヴが完全にツボ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではみなさん、また来年。



minovsky

本日は晴天なり

 10年ぶりにサニーデイ・サービスの新譜が発売された。

秋にはツアーも回るようだ。

肝心の中身であるが、想像してたよりずっといい。

最近の他の曽我部作品にはないサニーデイぽさがちゃんとある。

言うまでもなく、そわそわする。








minovsky

昨日の京都

昨日は会社のセンパイと京都に行ってきました。

春の京都で男2人ということで、酒を飲んでばかりでしたが、

うららかな陽気のもと、ワインと寺でまどろむという背徳的とも思える行為は、

独身貴族ならではの贅沢なひとときだったと思います。




京都について最初に立ち寄ったワイン食堂シナモ
。
長細いレイアウトの店内の壁一面に配された、照明と酒器。

その異空間で味わうグラスワインは1杯300円。

このシチュエーションで飲むなといわれても、それは無理な相談である。





最盛期には背の低い桜の木々が出迎えてくれるはずの仁和寺。

この日の桜はまだまだ一分咲き。





ほかの参拝客がゼロで貸し切り状態の源光庵。

様々な角度から迷いの窓と悟りの窓を眺めていたら、

迷っているのか悟っているのか、よくわからなくなってしまった。





日が落ちたら、迷わず先斗町。

大阪だったら、完全にジャンクマンと思える配色も

ここにいると文化的に感じるから不思議なものである。





さんざん迷った挙げ句、(先斗町での店選びはほんとうにまよってしまうのである)

またしてもワインバーへ。
突き出しが湯葉というのもうれしい。






minovsky


| 1/3PAGES | >>

SEARCH THIS SITE.

PROFILE

MEMBER'S POSTS

MEMBER'S LINKS

RECENT POSTS

ARCHIVES

RECENT COMMENT

OTHERS

MOBILE

qrcode

SPONSORED LINK


COPYRIGHT (C) 2011 woaky All Rights Reserved.