スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.01.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

SHINJYUKU de AI Mashyo! - Cely -

日曜日のイヴェント終わり、僕は親友のアパートに転がり込み、
久しく学生の時分と変わらない、思いのままの時を過ごした。
だからこそ、社会人の迎えた月曜の朝は、まるでだだっ子のように布団から出られない。




シャワーを浴び、秋田への荷物を背負った僕は、
平日の東京と、慣れない北東京の空に違和感を憶えた。
北東京の構造物は自分に重くのしかかる。





10代の自分をはじめて迎えた東京も、特別な思いを抱き、離れた東京も、
思えばそれは、僕のはじめての“センセーショナルな場所=新宿駅”であった。




サラリーマンに埋もれて食べるランチが、せせこましく、おいしかった。
嗅ぎ慣れない匂いで満たされた美容部員の溢れるフロアーは、まるでアニメの四次元空間。
僕にはそのすべてが麗しい。魅力的な街、新宿。




久しぶりの駅には、通りの店舗が驚くほどヴァージョンアップしていた。
衣食住にとどまらない、サブカルチャーの足音のする店舗設計だった。




このヴァージョンアップに人々はどうついていくのだろう?
それとも、人の早さに店舗=街が追いつこうとするのか。
いずれの立場にせよ、早さが増していることに変わりはない。





。。。
zzzzz






ところで...、正直、

横浜のイヴェント終わりでこんな記事を今月の早々に書いていたのだが、
海外の準備で僕の日常は加速しはじめるのだ。
そして訪れた今日、6月当月末。僕は明日の同じ時間、異国の地に居る。





渡航を控え、最近は仲間の存在を強く感じる。
点在するこのブログのメンバー(笑:なんつって)の存在もそうであるし、
隣町の横手の仲間もそう、同級生、かつて働いていた同士もそう、
仲間と呼べるすべての人がそうだ。

幼なじみも、同級生も、いま来た人も、あれもこれも、どれもそれも。
なんだか妙に有り難い。勝手にではあるのだけれど。

「国をまたぐと“代表”みたいな意識が出るからかな?」
なんて分析しつつ、最近、発していない言葉に気付く。
「思ったときに言えばいいんだよ!」
なんて10代のとき、近しい友人にかつて言って、言われたなァ。

「好きだー!」

行ってきます。



Cely

NIGHT BAZAAR - Cely -


今週土曜日に開催されるNIGHT BAZAARに出店します。
詳細はこちらから→ChouChou NIGHT BAZAAR

自分は物を手放さないので、こういった機会を活かしてみたいと思いました。
放出するものは小物中心で、性別を問わないと思います。
アイテムは10代から持っていたものや海外で手に入れたもの、
記念に購入した未使用のものもあります。


HERMES / CARRE_BLACK GOLD
HERMES / SCARF RING_SILVER LEATHER
OMEGA / PENDANT WATCH_GOLD
CHANEL / PIERCE_WHITE BLUE
KATE MOSS / VELVET HOUR EAU DE TOILETTE SPRAY
GIVENCHY / ULTRAMARINE EAU DE TOILETTE SPRAY
CONRAN / CARD CASE_BLACK
N'44 / DOGTAG PENDANT_RED GOLD
N'44 / BLACELET_BLACK LEATHER
NERO / PHOENIX T-SHIRTS_WHITE
KITSNE / CAN BATCH
TAHITI80 / CAN BATCH
EDITION / SHOPPING BAG_BLACK
UNITED ARROWS / CORSAGE_BLACK
FABRICA / CAP_BROWN
TAIWAN / GLASS_BLACK

and more...


昨今の出店ラッシュや早い消費社会の中で、
SHOP IN SHOP(バザーやフリーマーケット)に
注目が集まることは自然な流れでしょう。

自分の住む街の近くの人たちが、どういったものを持ち寄り、
何に興味を示すのか、個人的に楽しみなところです。
将来的に、定期イヴェントになるといいなぁ、なんて思います。

ぜひ、手に取ってみていただきたいと思います。
よろしくお願いします。


Cely

Yeah! GW! Yeah! - Cely -

2012年GW前半、初夏のような陽気を東京で過ごした。
友人宅のベランダで焼肉をしたり、東京ゲートブリッジをドライヴしたり。
暇を持て余した学生時代を今更に過ごしているような、30代の青春を味わった。

20代と30代の青春の違いは、“子供”と“家”の存在だと云える。
それを楽しめるようになったことが、とてつもなく大きい。
それが仲間の息子や家づくりであってもだ。こういうのが面白いんだなァ。感謝!


いつものように街へ繰り出すと、噂のとおり、
ランドマークたる大型商業施設が次々とオープンしていた。
陽気と連休が手伝ってか、電車から降り立つ人の足は、
ほとんどがそこを目指しているようだった。

中でも代官山の蔦屋は相当インパクトがあった。
膨大な書籍に付随した権威あるアイテム群、ライカ、ベンツ、ドッグラン、、。
GWの代官山では、旧来の貨幣経済の最たる消費活動を目の当たりにした。

一方で同日にニコニコ超会議というイヴェントが開催されていた。
「旧来の価値観に対するカウンターカルチャー=オタク的に新たなものに価値を見出す」
これは次世代の消費である思いたい。そうシニカルに本気で思うこのごろ。


旧来型の消費はさておき、今回、興味を持ったのが、
DCブランド、セレクトショップの新たな台頭、打ち出し方だった。

個々の質は高まったと思うし、何よりもエッジが効いていた。
そしてこれまで元気だった外資のファストファッションにではなく、
純粋にアイテムだけを見ても、国内の企業に消費しようと思ったことが嬉しかった。
そこには既存のPCの表現に留まらない、有機的なユルさのエッセンスがあったように思う。


「ドでかい商業文化施設=まちのシンボル」
これから興ろうとするまちも、
かつてから這い上がろうとするまちも、必要なものは同じ。
いまの東京にはそれがあり、実際に集客できていること。
震災から一年後の消費のトレンドが、明るく新たな方角を向いている。

それは旧世代であろうと新世代であろうと、
ひとりひとりがトレンドであり、まちをつくりあげることができる。
その活力たる、“生気”が一番大事なんじゃないか、って思ったんだ。


Cely

TOKYO DR. トーキョー・ドライヴ - Cely -

東京の街が恋しい。
GWの長期休暇に合わせた街のリニューアルのオンパレードが
自分にはキラキラ輝いて見える。

秋田に住んでいると、
やれ、東京は中身がない、だとか、
やれ、秋田は最高だ、とか。
種々の声が漏れ聞こえてくるけど、
乱暴に言うと、僕にはどうでもいい。
自分にとって「いいものはいい」、それだけだ。

ただ、東京が輝く理由は僕にとっては別にある。
それは首都の変化に否応なく適応する、様々な友人に逢えることだ。

いつからか、彼らは僕のブレーンになっている。
仕事もプライヴェートも一色単になってしまった自分が、
唯一フラットになれて、短絡的なものに流されずにいられる。

かつては思想、理念、つまりは、象徴的な街
(シブヤ、ハラジュクとか、街には思想も理念もカオス的に詰まっていると思うから)
に普遍的なものを追い求めていたような気がする。

でも、いまはそこに住む人、見続けている人、
その“人”とのやりとりの中に、追求すべきものを感じている。
彼らが自分に何を話してくれるのか、何を投げかけてくれるのか。
(そこで自分はどう反応するのか、何をしようとするのか)

まるで、チューニングしたマシンが
フルスロットルでどこまでいけるのか、試してみたくなるように、
なんて思ってみたりして、。

だからホントに、彼らが楽しみなんだ!





Cely

My First GYM. - Cely -


秋田の基幹産業であるTDKの工場が集約、統合されている。
これにより雇用や税収が悪化し、県内はこれまでで最も厳しい局面を迎えるだろう。
僕の友人の会社も、この春に、数百人規模の社員が路頭に迷うことになった。

言わずもがな、急速に街の体力がなくなっていくのだ。
少し前の給食費未納問題に留まらない、未払い問題、
核家族化による孤独死や年金問題に端を発する餓死、
止まらない過疎化に伴う行政サービスの低下などなど、。
体感する新たな哀しみは減らないだろう。
そんなときに僕たちは何ができるのだろう。
いまのうちに変更、修正できるところはないのだろうか。


明るい未来を想像できなければ、現在進行形では、今が「いい時代」ということになる。
体力のある「いい時代」と思えるうちに、運用できるサイクルをつくることが急務だ。
だから僕は仕事で外に出て官民一体型などの取り組み、
ひいては旧来にはない、自立した有志による、
ハイブリッドなモデルを提案する必要を感じている。

先日、感覚を共にする友人が、嬉しいことを言っていた。
朝野球のチームが、もう少しの間、借りているグラウンドに残り、
中学校チームと合同練習をしようと思う、と。
趣味の場だけでなく、下の世代へと紡ぐ場も兼ねたいと言うのだ。

お金をかけなくても、より良くできることはもっともっとあるし、
そこに地道に努力をする感覚が、時代に合っていると思った。
今ある活動は、この感覚を持って、体力があるうちに見直すべきだと考える。
友人は、有志の些細な活動の中でも、それを見落とさなかったのだ。

これからの僕たちが良くなっていくためには、
会社や個人の経済活動も“街”を巻き込まなければ良くならないし、
“街”づくりも、楽しめる持続可能なイベントを必要としていると思う。

ハイブリットな感覚が小さな風を巻き起こし、やがて大きなうねりになる。
もののはじまりは、超個人的、オタク的な発想そのままに、
他者(街)を巻き込んで回る、サイクルという次の発想が必須なのだ。

格安チケットで入ったはじめてのジムで慣れないトレッドミルを走り、
超個人的なことをしながら、次の企画を考えていた。


追記
震災から約一年たった今日、また大きな地震を経験した。


Cely

| 1/19PAGES | >>

SEARCH THIS SITE.

PROFILE

MEMBER'S POSTS

MEMBER'S LINKS

RECENT POSTS

ARCHIVES

RECENT COMMENT

OTHERS

MOBILE

qrcode

SPONSORED LINK


COPYRIGHT (C) 2011 woaky All Rights Reserved.